導入事例

物流機能の見直しコンサルティング

通販業界 コンサルティング
3-3

背景

・他社とベンチマークした結果、庫内の作業コストが高かった。
・荷主と現場の考える物流の将来像にギャップがあり、戦略レベルの共有化ができていなかった。

狙い

・現状調査を行い、システムやルールの見直し、人の意識の見直しを行うことで生産性向上を図った。
・荷主主導の取組を行い、現場を巻き込んだ改善活動の常態化を図った。

改善策

・返品業務の工程見直し(工程の統合、多能工化)、システム見直し(手作業の削減、検品の視認性向上)で生産性向上とコスト低減を実施し、50%の効率化実現。
・出荷業務のシステム(バッチの見直し)・作業方法の見直し(仕分け方法の見直し)で生産性向上とコスト低減を実施。13%の生産性向上実現。
・現場作業者への再教育の徹底を提言。


3-2

 


無料物流診断

お問い合わせ